かーちゃんの95ぱー好きなことだけ。

ゲームからコスメまで。ギーク大学生の充実を目指すろぐ。

新入生必見!履修の組み方の3つのコツ+α

【スポンサーリンク】

 

履修登録面倒くさっっなあなたへ。

 

 

 

どのテストより何より、履修登録が一番頭使っていると感じてます。

 

せっかくできた~!と思ったのに、

「あなたの学部では登録することができません」とかね!

それなら先にそう言ってよ。ほんまに。

 

でも、もう大学生三年目です。

履修登録はすでに5回目。そろそろプロといってもいいんじゃないでしょうか。

 

ということで、履修を組むうえで考えていることを書きました。

 

 

必修を入れてから組む

f:id:ziya-vogita:20170327115234p:plain

 

これは必須ですね!

どの大学でも、「これをとらなきゃ卒業できないよ」

みたいな科目があると思います。

 

まずはそれを履修に組み込まないと、後で大変なことになります。

 

他にも、英語や第二言語は早めにとっとくに

こしたことはないので、この時点で一緒に入れましょう。

 

4年計画で考える

4年生になると、就活や卒論で忙しくなります。

なので、たいていの人は1~3年生の間に

獲れる単位は根こそぎ取っておくこと!!!

 

たまに、3年生の秋学期で単位を落として、

4年生になっても授業を受けなくちゃいけなくなった人もいるので、

卒業に必要な単位+αの単位を取っておくと安心です。

 

ちゃんと通えるか考える

f:id:ziya-vogita:20170327121551p:plain

 

 家から学校が近い、とかならそこまで考える必要はないです。

でも、家から電車で2時間かかるような人は1限目を入れると、

途中で挫折することあります。私です。

 

最後まできちんと行きましたけど、

1限目に行くための電車はちょうど通勤ラッシュの時間なので

学校に着くまでに疲れていました。

 

最優先事項ではないけれど、「ちゃんと余裕を持っていけるか」は考えておく! 

 

 

ここからは番外編。

どこを休みにするか考えて組む

 

 

私のいる同志社大学の社会学部なら、

大体2回生くらいから、全休(授業を入れない曜日)を作れます。

ちなみに私は作ったことがなかったので、今期から全休デビューですよ!

 

つまり、

「三連休にしたいから金曜と月曜のどっちかは授業入れんとこ」

って感じの決め方です。

その代わりほかの曜日の授業が多くなったりしますが、

思いっきり寝たりだらだらしたり、

バイトしたり勉強したりといった自由な日を増やすことができます。

 

単位の取りやすさ重視で考える

やっぱり単位をとれるかはシビアな問題。

例えば所属するサークルや、知っている先輩にテストの過去問を持っている人がいる、とか。

大学のHPの成績評価をみて、どれくらいA評価を取れている人がいるかや、

F評価(単位を落とした人)がいるかの確認しておきましょう!

 

私はこの項目についてはあんまり考えてませんでした。

テストだけで成績が決まる講義であっても出席していれば

単位が取れるものが多いです。

 

興味のある講義を取る

単位が取りにくくても、興味がある講義なら受けてみるべき。

ただし、興味があっても学部や学年によって取れない講義も多々あります。

 

 

どうでしょうか。

とりあえず私も履修くんできます。