読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

95%好きなことをするろぐ

生粋の一人っ子かーちゃんが、一人でも楽しく毎日をすごすため「1日の95%を好きなことで埋めていく」ことを目指すブログ

MENU

物事が上達する!「守破離」の考え方

真似するって、だいじ!


はじめに

こんにちは!かーちゃんです。

今回のブログは、何かを想像するときにベースとなる考え方、


「守・破・離」について


です。

守破離とは?

f:id:ziya-vogita:20170421191223j:plain


「守破離」とは、

日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

【出典:wikipedia

引用内の文では、「茶道、武道、芸術など」と書かれていますが、この考え方はブログなどの文、絵を描くこと、作曲すること、、、あらゆる創作のジャンルにおいても精通する考え方なんです。

では、一個づつ見ていきましょう!

守とは?

一番最初の段階です。
ここで大事なのは、「まねること」。

自分が好きだ!と思ったもの、こうなりたい!と思った人を徹底的にまねします。



歌だったら徹底的に好きな歌手を物まねしてみたり。
ブログだったら好きな人の文体をまねしてみたり。


しかし、ここで大切なのは、

自分の考えを入れこまないこと。

「いいものをそのまま取り入れる姿勢」が大事になってきます。


真似しているうちに自分の考えがいろいろ出てくるかもしれません。
でも、徹底的に物まねしているうちは、ただそれに集中すること。

最初っからオリジナリティーあふれる天才もいます。
それでも基本は学ばないといけないんですよね。


二番煎じと言われても、この段階では真似することが一番!


肝に銘じておこう…

破とは?

「守」でいいものをどんどん真似していったら「破」の段階です。

「破」は、今までにまねしてきたことと正反対のことをします。

例えば、高音がきれいな歌手を手本にしていたのなら、次は低音がきれいな歌手をまねするなど。

そしてここから徐々に、自分の考えを混ぜ込んで「型」を破っていき、オリジナルに近づいています。


離とは?

「離」までくると最終段階です。
そう、完全なオリジナルです!

いくつかのお手本の真似をしていると、最後に

「今まで真似してきた技術」+「自分オリジナルの考え方」

が混ざって、独自のスタイルが出来上がっていきます。

こうなったらもうオリジナルを極めるのみ、ですね!

おわりに

この話はあの「千利休」が説いたとされています。
そして、最後には、「どの段階であっても基本が一番大事」とも説いています。

なにかをするときはこの考え方をもっていたいですね。

ただ、一番大変な段階は「守」ですよね。
ここで挫折しやすいから、新しいことを始めるのが困難になっているのかな~とも思いました。


ではまた!