かーちゃんの95%好きなことだけ。

ゲーム、ガジェットからコスメまで。ギーク女子大学生のろぐ。

楽しい耳コピのコツ

【スポンサーリンク】

 

みなさん、こんにちは!じいやです。

今回はDTMをする上に置いて必須ともいえる「耳コピ」の疑問について。

 

なぜ耳コピをするのか?

f:id:ziya-vogita:20170403102721p:plain

絵を描く人がする「模写」と理屈は同じなんですよね。

特に音楽は、メロディと歌詞がわかっても、ドラムやベースの部分は

よ~く耳を傾けないと聞き取りにくいです。

 

その、微妙に聞き取りにくい箇所をいきなり音楽を作るぞ~!っていって

作れるかって言ったら無理ですよね。

だから好きな音楽などの耳コピすることは、DTMする上では必須とされています。

 

 

といっても、まだまだ私も初心者なので聞き取りにくい部分が多々あるわけですが、、、

 

ベースの聞き取り

メロディや歌ものなら歌っているところは初めてでも結構それなりにコピーできます。

何回も同じ個所を聞きながら「ド」「ミ」「ソ」などの

ピアノの鍵盤を押してしっくりくるものを選んでいけばいいですからね。

 

問題なのは次、ベースの耳コピです。

まず、はじめてのあるあるは「そもそも聞き取れない」です。

ベースは意識して聞かないと、どうしてもメロディーラインにつられがち。

 

そんな時は、文明の利器に頼っちゃいましょう。

私がおすすめするのは、「聞々ハヤえもん」です。

この「聞々ハヤえもん」は、

1、音楽の速度をコントロールできる

2、ドラムやベースなど、そのパートだけ抜き出してくれる

3、同じ個所を繰り返し聞くのも簡単

なんです!

 

とくに、2!

ボーカル音をなくす、低音を強調する、などの「イコライザー」とは別に、

そのパートだけ抜き出してくれる機能があります!

この機能を使えば、今まで聞こえてなかった音も聞こえてきます。

 

また、耳コピをするときに必須なのは、

「ヘッドホンをすること」

最初はお安いのでもいいんで、音に集中できる環境を作りましょう!

本格的になると、「オーディオインターフェース」に「モニターヘッドホン」など、

いろんな機材が必要になりますが、この段階では普通のもので大丈夫です。

 

 

耳コピをすれば、普通に音楽を聴くときも

いろんな楽しみ方ができます。

「今日はベースに集中しよう」

「ドラムに集中しよう」

新たな発見があります。

 

私がベースの耳コピをしていて発見したのは、

イントロとアウトロではメロディーが同じでも、

ベースが違うんだ!ってことです。(歌によります)

 

「ここ、メロディー同じだしベースもコピペでいいやろ」なんて

考えていて、いざコピペしたら強烈な違和感があって。

聞き取りに集中したら、イントロでは高くなっていたところが

低くなっていたり!

こうやって終わりの雰囲気を出してるんやな~と勉強になったことがあります。

 

ぜひ、みなさんも耳コピ、してみませんか!