かーちゃんの95%好きなことだけ。

ゲーム、ガジェットからコスメまで。ギーク女子大学生のろぐ。

「一つのこと」に打ち込むための2つの考え方

【スポンサーリンク】

 

みなさん、こんにちは。かーちゃんです!

 

今までとりあえず興味のあることに飛び込んでみよう!ってマインドがあって、

いろいろやってみたんですけど(今ならDTMとか)

 

私は高いハードルといわれる最初の一歩より、

継続して歩き続けることの方が難しいと感じるタイプです。

それで、どうしたら一つのことに集中できるのかいろいろ考えました。

 

 

なんでこのようなことを思ったかというと、

タレントの武井壮さんの動画をたまたま見たからなんです。

 

なんとなくTVでは「百獣の王」くらいのイメージしかなかったんですけど、

複雑な家庭事情で育ってきて、「自分自身で生き抜いていく力」に

ものすごく長けた方で、印象がガラッと変わりました。

 

武井さんはあらゆるスポーツに加え、勉強もできるすごい方なんですが、

そこで語っていた話をもとに、「一つのことに打ち込む」を考えたときに必要なこと。

 

その分野の世界一になるつもりで取り組む

世界一ってスケールでかすぎやろ!!って思ったのですが、

実際に武井さんは十種競技で世界一になった経験があります。

 

そして、ゴルフや野球などいろんなスポーツも挑戦されているのですが、

毎回「世界一になってやる」と思いながらしているそうです。

 

あつすぎる。

私も幼稚園から中学生のころまで水泳をやっていたことがあります。

近所のスイミングスクールに選手コースという特別なコースに通っていました。

 

週1だった練習を週3に増やして、私なりに頑張っていたつもりだったのですが、

まぁ甘かったですね。

 

わたしより後に入った友達はなんと月火水木金土日休みなく泳いで、

県大会に入賞するところまでいきました。

 

今覚えば、「選手コースに入った優越感」と、

周囲(特に身内)からの「将来オリンピック選手みたいになれるんちゃう!?」みたいな

言葉に浮かれてたのかもしれません。

 

「これで日本一、世界一になってやる」くらいの気持ちがあって、初めてそこまでの練習ができるんですよね。

ここにもつながる話なのですが、

 

自分の持っているものをすべてつぎ込む

ここ!一番難しいところ!

 

自分の持っているもの、お金や時間、人脈なども入るかも。

これを、「やる」と決めたものにつぎ込むこと。

もし「世界一になりたい」と思ったらそれ以外のことに手を付ける余裕ないですもんね。

 

私は、

英語をしゃべれるようになりたいし、

できればフランス語や韓国、中国語とかも。

 

そして、DTMもやりたいし、

カメラだってもっともっと勉強してみたい。

絵も上手にかけれるようになりたいし、

動画の編集も、もっと力を入れたい。

 

でも、これらを同時に行うなんて無理なんですよね。

もちろんすることも可能なんですが、

すべてを達成するのに何年かかるんだか、、、

 

これらの「やりたいこと」に優先順位をつけてやっていく。

情熱がもてないと感じたり、時間やお金をつぎ込む価値を見出せなくなったらやめる。

そして、その「やりたいこと」をしたいときはそれのみに費やす。

 

結局、いちど身に付けてしまえばあとは

忘れない程度に楽しんで継続することができると思うんですよね~!

 

 

今の私の打ち込みたいことは、

「英語」ですかねぇ。

 

やはり働く前に取っておきたいスキルということもあるし、

最近よく洋画を見るので、字幕なしでも聞き取れるようになりたいっていうのも。

でも、英語の世界一ってなんだろう、、、?

 

目標は、もっと柔軟に考えてもいいですね!!

「英語で人から笑いを取る」など、

今は全然たどり着けないところを目標にするとか。

 

いろいろ応用しつつ、このスタンスを貫けるようになりたいなぁ。